• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野口雨情の解説 - 小学館 大辞泉

[1882~1945]詩人。茨城の生まれ。本名、英吉。大正中期、全国に歌謡行脚し、民謡・童謡の普及に尽力。詩集「都会と田園」「沙上の夢」、童謡集「十五夜お月さん」、民謡集「波浮 (はぶ) の港」など。

野口雨情の解説 - SOCKETS人物データベース

作詞家 作家・脚本・エッセイスト
出生地
茨城県多賀郡磯原村(現・北茨城市)
生年月日
1882年5月29日 ふたご座
没年月日
1945年1月27日(享年62歳)