• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

館柳湾の解説 - 小学館 大辞泉

[1762~1844]江戸後期の漢詩人。越後の人。名は機、字 (あざな) は枢卿、柳湾は号。亀田鵬斎 (ほうさい) に学ぶ。下級役人として飛騨高山などに赴任、退官後は江戸の目白台で詩作に専念。著作に「柳湾漁唱」「林園月令」など。