出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国や日本の音楽の12の標準楽音。1オクターブ間に約半音間隔で12音が配される。基音を長さ9寸(約27センチ)の律管の音とする。中国では、黄鐘 (こうしょう) を基音とし、大呂 (たいりょ) ・太簇 (たいそう) ・夾鐘 (きょうしょう) ・姑洗 (こせん) ・仲呂 (ちゅうりょ) ・蕤賓 (すいひん) ・林鐘 (りんしょう) ・夷則 (いそく) ・南呂 (なんりょ) ・無射 (ぶえき) ・応鐘 (おうしょう) 。日本では、壱越 (いちこつ) を基音とし、断金 (たんぎん) ・平調 (ひょうじょう) ・勝絶 (しょうせつ) ・下無 (しもむ) ・双調 (そうじょう) ・鳧鐘 (ふしょう) ・黄鐘 (おうしき) ・鸞鏡 (らんけい) ・盤渉 (ばんしき) ・神仙 (しんせん) ・上無 (かみむ) 。十二調子。