しん‐ピタゴラスがくは【新ピタゴラス学派】 の意味

  1. 前1世紀から2世紀にかけてローマとアレクサンドリアを中心として興った哲学の一派。ピタゴラスを神聖視し、その学説を中心に東方の宗教思想およびプラトン・ペリパトス学派(逍遥学派)・ストア学派などの思想を折衷した。