出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代の銀貨の一。海鼠 (なまこ) 形で、豆板銀とともに、計量して使用された。「常是」「宝」の字および大黒像の極印 (ごくいん) がある。銀丁。