• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぬ・ける【抜ける】 の意味

  1. [動カ下一][文]ぬ・く[カ下二]
  1. 中にはまっていたものや、ついていたものが離れて取れる。「歯が―・ける」「栓が―・ける」「髪の毛が―・ける」
  1. 中に満ちていたり含まれたりしていたものが外へ出る。「タイヤの空気が―・ける」「気の―・けたビール」「臭みが―・ける」
  1. 押している状態のまま、押す力が消える。「ブレーキが―・けて空走する」
  1. ある傾向・習慣・くせや力などがなくなる。「怠けぐせが―・けない」「疲れが―・ける」「腰が―・ける」
  1. 本来あるべきもの、必要なものが漏れたり欠けたりしている。「名簿から名前が―・けている」「主語が―・けている」
  1. (「脱ける」とも書く)
  1. ㋐それまでいた場所や、属していた組織・仲間から離れる。「座敷を―・ける」「組合を―・ける」
  1. ㋑しばらくの間だけ自分の部署を離れる。「仕事を―・けて人に会いに行く」
  1. ㋒ある場所・状況から逃れ出る。脱する。「危ないところを無事に―・ける」「最悪の状況から―・ける」
  1. ㋓言いつくろって責任を免れる。言い逃れる。
    • 「左様 (そう) ―・けてはいけぬ、真実の処を話して聞かせよ」〈一葉にごりえ
  1. その所を通って向こう側へ出る。一方の側から他方の側へ通って出る。通り抜ける。「打球が右中間を―・ける」「トンネルを―・ける」
  1. (多く「ぬけた」「ぬけている」の形で)知恵が十分に働かない。気がきかずぼんやりしている。足りない。「あの人はどこか―・けている」「間 (ま) の―・けた話」
  1. (「ぬけるような」「ぬけるように」の形で)隔てがなくなり、どこまでも続いている。透き通っている。「―・けるような青空」「―・けるように白い肌」
  1. 10 他が及ばないほどすぐれている。ひいでる。抜きんでる。
    • 「官 (つかさ) 位高くのぼり、世に―・けぬる人の」〈・絵合〉
  1. [用法]ぬける・[用法]おちる――「名簿に君の名が抜けて(落ちて)いたよ」「この記事には大切な部分が抜けて(落ちて)いる」など、あるべきものが欠けている意では相通じて用いられる。◇「抜ける」は、中にあるものがなくなる、外に出る意に重点がある。「くさみが抜ける」「魂が抜けたよう」「気の抜けたサイダー」「歯が抜ける」など。◇「落ちる」は付いていたものが取れる意に重点がある。「洗うと色が落ちる」「憑 (つ) き物が落ちる」「がんこな油のしみがきれいに落ちた」などと使う。
  • ぬ・ける【抜ける】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・このまま河岸を出抜けるのはみんな妙に物足りなかった。

      芥川竜之介「魚河岸」

    • ・・・ 竹藪の側を駈け抜けると、夕焼けのした日金山の空も、もう火照りが消えかかっていた。

      芥川竜之介「トロッコ」

    • ・・・ペンキ塗りの校舎に沿いながら、もう一度庭を向うへ抜けると、海に面する運動場へ出た。

      芥川竜之介「保吉の手帳から」