• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

樋口一葉の小説。明治28年(1895)発表。酌婦お力を通して、下層社会の暗い宿命観を写実的に描く。

水の濁っている入り江。

「―の澄まむことこそ難 (かた) からめいかでほのかに影を見せまし」〈新古今・恋一〉