出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、年貢率の低い知行所から高い知行所に移った場合の、年貢高の増加分に対応した知行高のこと。→込高 (こみだか) 

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉