出典:デジタル大辞泉(小学館)

徳が薄いこと。また、自分の徳をへりくだっていう語。寡徳 (かとく) 。

「是余 (わ) が―の致す所」〈染崎延房・近世紀聞〉