出典:デジタル大辞泉(小学館)

少しばかりの恥。

「織り延べを一きれも得ぬわれらさへ―をかく数に入るかな」〈平家・四〉