• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

箏曲 (そうきょく) 。山田流の奥許 (おくゆる) し物で、生田流でも演奏する。3世山登松齢 (やまとしょうれい) が明治初年に作曲。古臼を燃やしたら香木であったので奉行に献上したところ、歌詞を賜ったという箏曲「夏衣」の歌詞を転用。