出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 高尚で、みやびな趣のあること。また、そのさま。「風雅な住まい」

  1. 詩文・書画・茶道などのたしなみのあること。「風雅の心得」

  1. 蕉門で、俳諧のこと。また、その美の本質。

    1. 「予が―は夏炉冬扇のごとし。衆にさかひて用ゐる所なし」〈風俗文選・柴門辞〉

  1. 詩経」の六義 (りくぎ) のうちの。また、「詩経」の国風の大雅小雅

出典:青空文庫