出典:デジタル大辞泉(小学館)

武士の集団。平安中期以後、荘園公領に分散していた武士は平氏源氏を棟梁 (とうりょう) に団結し、各地に武士団を形成した。はじめ血縁関係を核とした惣領制的結合であったが、南北朝以後は地縁結合である一揆 (いっき) が生成し、戦国期には大名の家臣団編成が進んで消滅した。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:gooニュース