出典:デジタル大辞泉(小学館)

双翅 (そうし) 目ブユ科の昆虫の総称。体は小形で短く、頭部に大きい複眼をもち、胸部が膨らみ、翅 (はね) は幅広い。雌は人畜から血を吸う。刺されると、痛みが激しく、はれる。幼虫は水中にすむ。ぶと。ぶよ。 夏》

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[夏/動物]の季語