出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国、隋代の仏教書。10巻。智顗 (ちぎ) の教説を弟子の灌頂 (かんじょう) が筆録。594年成立。天台三大部の一。天台宗の修行法である観心を体系的に説いたもの。天台摩訶止観。天台止観。止観。