(梵)abhiṣecana, abhiṣekaの訳。昔インドで、国王の即位や立太子の儀に、四大海の水をその頭頂に注いだ儀式から》

  1. 仏語。

    1. 菩薩が仏位に登るとき、法王の職を受ける証として諸仏が智水を頭に注ぐ儀式。

    2. 密教で、香水 (こうずい) を頭に注ぐ儀式。灑水杖 (しゃすいじょう) という棒の先に水をつけて頭に軽くあてる。受戒するときや修行者が一定の地位に上るときに行う。結縁 (けちえん) 灌頂伝法 (でんぼう) 灌頂などがある。

    3. ㋒墓石に水を注ぎかけること。

  1. 雅楽・平曲・音楽や和歌などで奥義や秘伝などを授けること。

出典:青空文庫