出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. ある事柄から、それと関連のある事柄を思い浮かべること。また、その想念。「雲を見て綿菓子を―する」

  1. 心理学で、ある観念の意味内容・発音・外形の類似などにつれて、他の観念が起きてくること。観念連合。→連合2

出典:gooニュース

出典:青空文庫