出典:デジタル大辞泉(小学館)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州東部の山地。グレートディバイディング山脈の一部をなし、シドニーの西約100キロメートルに位置する。ユーカリやゴンドワナ大陸に起源をもつシダや針葉樹などが生える温帯雨林が広がる。名称は、シドニーからこの山地を見ると青味がかっていることによる。主な町はカトゥーンバ。2000年にブルーマウンテンズ国立公園とその周辺は「グレーターブルーマウンテンズ地域」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。
ジャマイカ東部を北西から南東に、約50キロメートルにわたって連なる山脈。最高峰はブルーマウンテン山ブルーマウンテンコーヒーの産地として知られる。周辺一帯はブルーアンドジョンクロウマウンテンズ国立公園に指定され、世界遺産(複合遺産)に登録されている。