出典:デジタル大辞泉(小学館)

重力場における時空曲率一般相対性理論によれば、時空は物質の質量によって歪みが生じ、その歪みが重力そのものとなる。巨大な重力をもつ天体の近傍で光の経路が曲がる重力レンズとして観測されるほか、重力の違いによって時間の進み方が異なることが知られている。また、この歪みが光速度の波として伝わるものを重力波という。時空のひずみ。空間のゆがみ。空間のひずみ。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉