出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌人、天田愚庵の著作。明治26年(1893)、愚庵が西国三十三所巡礼に出かけた際につくられた漢詩・和歌を含む紀行文で、明治27年(1894)「順礼日記」の題で刊行。著者没後、遺稿集に収められた際に「巡礼日記」と改題。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉