出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 能のシテ方の流派の一。大和猿楽結崎座 (ゆうざきざ) の流れで、幕末までは観世座といった。観阿弥清次を流祖とする。江戸時代には四座一流の筆頭とされた。

  1. 能の小鼓方の流派の一。16世紀中ごろに、宮増弥左衛門親賢と観世彦右衛門豊次が創始。代々、観世新九郎を名のることが多い。

  1. 能の太鼓方の流派の一。音阿弥の子、観世与四郎吉国を流祖とする。左吉流。

  1. 能の大鼓方の流派の一。昭和61年(1986)宝生練三郎派が観世流と改められた。