ぎいんしょうげん‐ほう〔ギヰンシヨウゲンハフ〕【議院証言法】 の意味

  1. 《「議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律」の略称》議院の行う国政調査に応じて出頭する証人の証言などについて定めているもので、偽証罪、自白による刑の減免などの規定がある。昭和22年(1947)施行。