出典:デジタル大辞泉(小学館)

洒落本。1冊。梅暮里谷峨 (うめぼりこくが) 作。寛政10年(1798)刊。うぬぼれ者の好男子と誠実な醜男との、遊女に対する二つの態度を対照的に描き、人情本への移行の過程をも示している。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉