さく‐し【錯視】 の意味

  1. 視覚における錯覚。形・大きさ・長さ・色・方向などが、ある条件や要因のために実際とは違ったものとして知覚されること。

さく‐し【錯視】の慣用句

  1. さくしアート【錯視アート】
    • 錯視を利用した作品。実際の色や形、大きさと異なって見える絵画や、模様が動いて見える静止画など。トリックアート。