[名](スル)
  1. 思慮分別をもって知ること。「物の道理を―する」

  1. 感覚器官を通して外界の事物や身体内部の状態を知る働き。

出典:青空文庫