• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

複写(ふくしゃ)/模写(もしゃ)/コピー/複製(ふくせい)

関連語
写し(うつし)
リプリント
  1. [共通する意味]
      ★もとの物そっくりに作ること。また、そのように作られたそっくりな物。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔複写〕スル
      ▽カーボン紙を使って複写する
      複写
    • 〔模写〕スル
      ▽十年かかって壁画の模写を完成させた
    • 〔コピー〕スル
      ▽論文をコピーする
      ▽新聞記事のコピーをとる
    • 〔複製〕スル
      ▽応接間にはピカソの複製がかけてあった
  1. [使い分け]
    • 【1】「複写」は、カーボン紙などを使って手で写すことから、機械によって写すことまで、手段は問わないが、複写される物は紙が中心である。
    • 【2】「模写」は、絵画などをなるべく似せて人の手によって写し書くこと、または、その書いた物をいう。
    • 【3】「コピー」は、立体的な物や抽象的な事柄など種々の対象に広く使われている。また「コピーする」「コピーをとる」というときは、機械で写す場合が多い。
    • 【4】「複製」は、本物にそっくりな物を作ること、または、その作られた物。特に絵画、美術品などに多く用いる。また、小説、詩集の初版本などを、装丁・造本にいたるまで忠実に再製することをいう。「覆製」とも書く。
  1. [関連語]
    • (写し) 書類などの控えとしてとる文書。「写しをとる」
    • (リプリント)スル 本、テープ、フィルムなどの再版のこと。「リプリントすると音質が少し落ちる」「リプリント版」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    本を…する演奏テープを…する…商品が出回る絵を…する
    複写
    模写
    コピー
    複製
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

複写の類語

  • 複写する行為 の意
  • 再生する行為 の意
  • コピーまたは等価物を作る の意
  • 現状のままでコピーする の意
  • 別のものと同様、または同一になるよう作られたもの の意
  • オリジナルでないコピー; 真似て細工を施した物 の意
  • 書かれた記録(例えば法律上のまたは学校の記録)の複写物 の意

模写の類語

  • 再生する行為 の意
  • 人の行動や外観を再現する の意
  • 現状のままでコピーする の意
  • 別のものと同様、または同一になるよう作られたもの の意
  • オリジナルでないコピー; 真似て細工を施した物 の意

コピーの類語

  • 再生する行為 の意
  • レプリカを作る の意
  • 人の行動や外観を再現する の意
  • 別のものと同様、または同一になるよう作られたもの の意
  • 記述された書面の発達におけるさまざまなバージョンの総称 の意
  • 書かれた記録(例えば法律上のまたは学校の記録)の複写物 の意

複製の類語

  • 再生する行為 の意
  • レプリカを作る の意
  • コピーまたは等価物を作る の意
  • 現状のままでコピーする の意
  • 別のものと同様、または同一になるよう作られたもの の意
  • オリジナルでないコピー; 真似て細工を施した物 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi