• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

誤る(あやまる)/間違う(まちがう)/間違える(まちがえる)

関連語
違える(ちがえる)
  1. [共通する意味]
      ★正しくない判断を下す。また、動作をやり損なう。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔誤る〕(ラ五)
      ▽目測を誤る
      誤って足を踏みはずす
      ▽身を誤る(=生き方を間違える)
    • 〔間違う〕(ワ五)
      ▽答えは間違っていない
      ▽彼は間違っている
    • 〔間違える〕(ア下一)
      ▽傘を間違える
      ▽田村氏と村田氏を間違えて案内状を出した
  1. [使い分け]
    • 【1】「誤る」は、他動詞では、ある物事について正しくない判断、認定を下す意である。「…を誤る」の形で、「…を」の部分には、判断、認定を意味するような語がくることが普通である。自動詞としては、「誤った考え」のように「誤った」の形で連体修飾語として使うことが多く、当を得ない、道理にはずれたといった、判断、認識が正しくない意で用いられる。なお、「誤って」という言い方は、今日では「うっかり」のような意味で用いられることが多く、副詞に近づいている。
    • 【2】「間違う」は、本来は自動詞で、他動詞の「間違える」と対応するものであるが、今日では「順番を間違う」のように他動詞として、「間違える」とほぼ同じように用いられる。
    • 【3】「間違う」は、自動詞としては、三通りの意味・用法がある。第一に、人がミス、失敗を犯すという、観察可能な具体的動作をさしていう場合で、「あっ、あいつまた間違った」などと、人を主語にして用いる。この場合は、表面的な動作に焦点があてられ、判断の誤りとはいえないような、単なる動作のやり損ないについてもこうした言い方が用いられる。第二に、「あなたの考えは間違っている」などのように、ある人の判断、認識やそれに基づく行為、態度、姿勢が正しくないという意で用いる。第三に、「答えが間違っている」のように、思考、判断の過程でミスを犯していて、出てきた結果が正しくないという意の用法がある。
    • 【4】自動詞の「間違う」と「誤る」は、正しくない判断をする意では意味が接近しているが、どちらかというと「間違う」が具体的になんらかのミスを犯しているのに対して、「誤る」は、どこがどうというのではなく概して正しくないという、やや抽象的な語感がある。それゆえ、「あなたの考えは誤っている」に対して、「あなたの考えは間違っている」の方が、直接的に批判するニュアンスが出てくる。また、一般的に思想、認識など、やや硬い抽象的な語句については、「誤る」の方が自然であり、逆に、判断、思考の結果出てきた具体的なものが正しくない場合には、「間違う」の方が自然である。
    • 【5】「間違える」は、本来自動詞である「間違う」に対応する他動詞である。「間違える」は、ヴァイオリンを弾いていて「しまった、うっかり指使いを間違えた」などという言い方のように、表面的に動作をやり損なう意、「計算を間違える」「答えを間違える」などのように、思考、判断の過程でミスを犯して、正しくない結果を出してしまう意、「傘を間違える」「塩と砂糖を間違える」などのように、取り違える意で用いられる。
  1. [関連語]
    • (違える) (ア下一)理解、判断、行動などを正常でなくする。また、他と比較して、あるいは平常とくらべて差があるようにさせる。「答えを違える」「首の筋を違える」「やり方を違える」
  1. [対比表]
    計算を…たあて先を…飛行機をUFOと……た考え字が…ている
    誤る-っ○-っ○-っ△
    間違う-っ○-っ○-っ○
    間違える-え○-え--え-
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

間違うの類語

  • 間違ったやり方で解釈する の意
  • 失敗する の意

間違えるの類語

  • 間違ったやり方で解釈する の意
  • 失敗する の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi