[動タ五(四)]

  1. やりそこなう。しくじる。「ねらいを―・たず射る」

  1. (「あやまって」の形で)うっかりしてよくないことをしでかす。過失を犯す。「―・って相手にけがを負わせた」

  1. 悪事を働く。罪を犯す。

    1. 「重く―・ちたる者の」〈今鏡・二〉

  1. 見まちがえる。取りちがえる。

    1. 「み吉野の山べに咲ける桜花雪かとのみぞ―・たれける」〈古今・春上〉

  1. だめにする。そこなう。

    1. ㋐健康を害する。

      「瘟病 (をんびゃう) は人を―・つ物と聞こゆるから」〈読・雨月・菊花の約〉

    2. ㋑殺傷する。

      「このたび我は―・たれなんとする」〈今昔・二三・一五〉