悟り/諦観 の解説 - 小学館 類語例解辞典

悟り/諦観 の共通する意味

正しく、完全に知ること。

英語表現 realizatio

国語辞書で調べる 悟り 諦観

悟り/諦観 の使い方

悟り
▽悟りを開く ▽悟りの境地
諦観する
▽人生を諦観する

悟り/諦観 の使い分け

二語とも、物事をその本質まで、正しく、完全に知ることをいう。宗教的、哲学的に用いられることが多いが、特に「悟り」については、一般に、物事の本質を知ることの意で用いられる。
「諦観」は、本質をはっきり見きわめること。また、あきらめ悟るの意でも用いられる。

カテゴリ

#文化#宗教

悟り/諦観 の類語 - 日本語ワードネット

悟り の類語

輪廻のサイクルを越える至福; 欲求、苦しみおよび個々の意識の絶滅によって特徴づけられる の意

諦観 の類語

絶望を受け入れること の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi