• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

脂肪酸酸化してアセチルCoAを生成する細胞内の代謝経路。アセチルCoAはクエン酸回路に組み込まれ、細胞のエネルギー源となるATP産生される。βは、脂肪酸のβ位(末端カルボキシル基から2番目)の炭素が順次酸化されることから。

[補説]β酸化は、遊離脂肪酸補酵素A(CoA)がチオエステル結合した脂肪酸アシルCoAを発物質として、ミトコンドリア内で4段階反応を繰り返しながら行われる。1サイクルあたり2個の炭素原子が脂肪酸から切り離されてアセチルCoAが生成される。脂肪酸の炭素数が2nの場合、最終的にn個のアセチルCoAが生成される。
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。