[形][文]きつ・し[ク]
  1. 物事の程度がはなはだしい。「―・い勾配 (こうばい) 」「日ざしが―・い」

  1. 鼻や舌などへの刺激が強い。「―・いにおい」「―・い酒」

  1. 力の入れ方・加わり方が強い。「洗濯物を―・く絞る」「目を―・く閉じる」

  1. ゆとりがなく、窮屈である。「帯が―・い」「去年の服が―・くなった」

  1. 規律・要求などが厳しい。「―・いおきて」「―・く戒める」

  1. ある事柄をこなしたり、それに耐えたりするのが容易でない。「仕事が―・い」「からだが―・い」

  1. 気性が激しい。気が強い。「―・いところのある子」「目つきが―・い」

[派生]きつがる[動ラ五]きつさ[名]

出典:青空文庫