• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[接]《助詞「だって」の接続詞化したもの》相手に反論したり、相手の反対を予想しつつ理由や言い訳を述べる場合に用いる。そうはいっても。でも。なぜかというと。「とても間に合いません。―人手が足りません」
[接助]《接続助詞「たって」が、ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の連用形に付く場合の形》「たって」に同じ。「ここなら泳い―かまわない」
[係助]《断定の助動詞「だ」に係助詞「とて」の付いた「だとて」の音変化という》名詞・副詞、一部の助詞に付く。「でも」に似るが、語調がより強い。
  1. ある事柄を例示し、それが他と同類、または、同様であるという意を表す。…もやはり。…でも。「鯨―人間の仲間だ」「ここから―見える」

  1. いくつかの事柄を並べて例示し、すべてが同類であるという意を表す。「水銀―鉛―公害のもとだ」「野球―テニス―うまい」

  1. 疑問・不定を表す語、または、数量・程度を表す語に付いて、例外なくそうである意を表す。…でも。…も。「だれ―知っている」「一度―姿を見せない」

[終助]《係助詞「だって」の文末用法から》引用句に付く。相手の言葉に対して、非難・驚きの気持ちを込めて強調する意を表す。「欲しいくせに、いらない―さ」「なぜ休んだか―。病気だよ」