1. 上腕と前腕とをつなぐ関節部の外側。「―で小突く」

  1. 肘のように折れ曲がって突き出ているもの。「椅子の―」

水たまりの土。どろ。泥土。

「物語に不義なる恋をかたるも、その濁れる―を愛でてにはあらず」〈逍遥小説神髄

仏語。

  1. 僧が食事をしてはならないと定められた時。正午から翌朝の日の出前までの間。僧侶は正式には1日1食で、午後の食事は禁止されていた。

  1. 僧の午後の食事。規定にかなう正午以前にとる食事の斎 (とき) に対していう。非食 (ひじき) 。非時食 (ひじじき) 。

  1. 会葬者に出す食事。凌 (しの) ぎ。

《「ひし」とも》海の中にできる洲 (す) 。

「花散らふこの向 (むか) つ峰 (を) の乎那 (をな) の峰の―に付くまで君が齢 (よ) もがも」〈・三四四八〉

  1. 秘密にしている事柄。

  1. 人に容易には教えない学問・芸事などの奥義。

いやしい事柄。つまらない仕事。

出典:gooニュース

出典:青空文庫