[名](スル)
  1. こだま。山びこ。

  1. 残響。「エコーを効かせた録音」

  1. エコー検査」の略。

[補説]曲名別項。→エコー

ギリシャ神話の森のニンフ。女神ヘラに憎まれ、他人の言葉をそのまま返すことしかできなくなり、美青年ナルキッソスに失恋し、やつれて声だけになった。

ハイドンの交響曲第38番ハ長調の通称。1769年作曲。第2楽章で第1バイオリンと第2バイオリンによる、エコーのような掛け合いが現れる。こだま。

出典:gooニュース

出典:青空文庫