• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 哲学で、判断をいっさい差し控える態度。判断中止。古代ギリシャの懐疑論者たちが哲学上の独断的主張に反対して唱えた。

  1. フッサール現象学で、純粋意識の領域に至るために、自然的態度に基づく判断を中止すること。現象学的判断中止。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉