16~18世紀に広く用いられた鍵盤 (けんばん) 楽器。打鍵すると鳥の羽軸などで作られた爪 (つめ) が金属製の弦をはじいて音を出す。18世紀末以降衰退したが、近年は古楽演奏などでよく用いられる。ハープシコード。クラブサン。

出典:青空文庫