【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

怠惰道楽 (どうらく) 。放蕩 (ほうとう) 。また、その人。現在では、多く「どら息子」「どら猫」など、接頭語的に用いる。

「今の—がそれほどな身上を受け取って」〈滑・浮世風呂・前〉

打楽器の一。青銅などでできた金属製円盤を枠につるし、ばちで打ち鳴らす。仏教法要、民俗芸能の囃子 (はやし) 、歌舞伎下座音楽出帆合図などに広く用いられる。ゴング。

[補説]書名別項。→銅鑼

《ドラゴンから生じた語という》マージャンで、上がりの点数を高めるため、その場の初めに、ある牌をドラ牌ときめておき、その牌が上がりの手牌に含まれていたとき、点数を一牌につき一翻 (イーファン) 上げるようにする方法。また、その牌。

[感]決心したり思い立ったりして動作を始める時に発する語。どれ。どりゃ。「—、見てみよう」

詩誌。大正14年(1925)、草野心平広東 (カントン) 留学中に創刊宮沢賢治八木重吉らの作品紹介昭和3年(1928)終刊

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月