• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド洋南西部の島国モーリシャス共和国の首都。モーリシャス島北西端に位置する。古くから天然の良港として知られ、オランダ、フランス、英国の統治下において重要な港となった。現在もサトウキビの積出港、および遠洋漁業の寄港地として栄えている。アルム広場アデレード砦シャン‐ド‐マルス競馬場など、植民地時代の建物が多く残っている。