• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「月並 (つきなみ) 万句合」の略》雑俳で、選者が課題の前句の刷り物を配布して付句を募集し、勝句 (かちく) (高点句)を半紙に印刷して発行したもの。宝暦(1751~1764)から寛政(1789~1801)ころまで行われ、初世川柳 (せんりゅう) 評の万句合は「誹風柳多留 (はいふうやなぎだる) 」の底本となった。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉