[名・形動]《「不可思議」の略》
  1. どうしてなのか、普通では考えも想像もできないこと。説明のつかないこと。また、そのさま。「不思議な出来事」「成功も不思議でない」

  1. 仏語。人間の認識・理解を越えていること。人知の遠く及ばないこと。

  1. 非常識なこと。とっぴなこと。また、そのさま。

    1. 「花山院とあらがひごと申させ給へりしはとよ。いと―なりしことぞかし」〈大鏡・道隆〉

  1. 怪しいこと。不審に思うこと。また、そのさま。

    1. 「明くればうるはしき女﨟に―を立て、いかなる御方ぞ、と尋ね給ふに」〈浮・五人女・三〉

[派生]ふしぎがる[動ラ五]ふしぎさ[名]

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース