• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中務内侍の日記。1巻。弘安3年(1280)伏見天皇の東宮 (とうぐう) 時代から、正応5年(1292)病で里に下がるまでの仮名文日記。身辺や宮廷生活を記したもの。