• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 中世芸能の舞の形式で、特殊な足踏みで踏み回る部分があるもの。現在、民俗芸能に残る。

  1. 能の舞事 (まいごと) の一。小鼓 (こつづみ) に笛があしらう囃子 (はやし) で、特殊な足づかいで舞う舞。1が能に入ったもので、「道成寺 (どうじょうじ) 」のみに用いる。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉