• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 中世、農民が灌漑 (かんがい) 施設を利用するとき、用水権を持つ荘園領主などに納入した使用料。

  1. 中世、領主が灌漑施設を修理するために農民を使役したとき支給した食糧・費用など。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉