• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

元弘元年(1331)、後醍醐天皇が企てた鎌倉幕府討伐の計画。未然に露見し、天皇は笠置 (かさぎ) 寺有王山中に逃れたが、翌年捕らえられ、隠岐 (おき) に流された。幕府滅亡の直接の動因となった。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉