《「うちぐら」とも》

  1. 三蔵 (さんぞう) の一。古代朝廷の官物を収納した倉庫。うちつくら。うちのくら。

  1. 母屋と軒続きに建ててある蔵。家の内部から出入りする。→庭蔵

  1. 金持ち。

    1. 「客の中での—と存ずる方から古き蚊屋を賜る」〈浮・好色盛衰記・一〉

[日本史]の言葉

[平安時代まで]の言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月