• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

腹部に3~15ミリ程度の穴を数か所開けて、そこから内視鏡や専用の手術器具を挿入し、モニターに映し出される体内の様子を観察しながら、遠隔操作で手術を行う方法。消化器科・婦人科・泌尿器科・整形外科から心臓外科・脳神経外科まで幅広い診療科で行われている。開腹手術よりも患者の身体的負担が少なく、回復も早いが、高度な技術が必要とされる。→腹腔鏡手術

出典:gooニュース