• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 帯を前で結ぶこと。また、その帯。江戸時代、既婚の女性などが多く用いた。前結び。→後ろ帯

  1. 近世の上方で、まゆをそり、歯を黒く染めた年増 (としま) 。

    1. 「女郎も若きは気に入らず、―こなすと自慢顔」〈洒・遊客年々考〉