• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。

  1. 十二因縁の一。幼少年期の、苦・楽などを知覚する位。

  1. 五蘊 (ごうん) の一。外界のものを受け入れる心のはたらき。