• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動サ変][文]か・す[サ変]
  1. 息を強く吹きかける。凍った筆や硯 (すずり) に息を吹きかけて暖めるところから、「筆硯 (ひっけん) を呵する」などの形で、文章を書く意に用いられる。

    1. 「予は硯 (けん) に―・し紙 (し) に臨んで」〈芥川・開化の殺人〉

  1. しかりつける。

    1. 「あれは仏を―・し祖を罵るのだね」〈鴎外・独身〉