経の題目を唱えること。特に日蓮宗で、「南無妙法蓮華経」と唱えること。